岡本紙文具店 ビジネス機器・オフィス用品専門商社
トピックス 企業情報 サービス リンク集 問い合わせ
トピックス
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年


ご注文・お問い合わせ
お仕事のご相談やお見積もり等は、
こちらからお気軽にご相談ください。
ご注文に関するお問い合わせも、
こちらからお伺いしています。
お問い合わせ


【地震対策】 オフィス家具類の転倒・落下防止。 対策チェックリスト。
2011.04.18

チェックしよう! 地震による家具への影響と対策のポイント
■近年発生した地震による人身被害の原因を分析すると、30〜50%の人が家具類の転倒・落下により負傷していることが判明しました。
■転倒・落下した家具や棚からの落下物、家具の転倒時に割れたガラス等でケガをするなど、家具類の転倒・落下が多くの負傷原因となると考えられます。
■オフィス家具の転倒・落下防止対策は、設置した時だけでなく日頃の使用方法やレイアウトの工夫等、家具以外の地震対策にも注意を払う必要があります。

【東京消防庁】 家具類の転倒・落下防止対策ハンドブック
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-bousaika/2008-1915-5/index.html
1、背の高い家具を単独で置いていない。
2、安定の悪い家具は背中合わせに連結している。
3、壁面収納等、壁際の保管庫は壁(床)に固定されている。
4、積み重ね家具は上下連結されている。
5、ローパーティションは床固定を施したり転倒しにくい組み方をしている。
6、OA機器は落下防止対策をしている。
7、家具の扉や引き出しにはラッチ(かけがね・とめがね)が付いている。
8、時計、額縁、掲示板等は落下しないように固定されている。
9、ガラス戸・扉には飛散防止フィルムを貼っている。
10、避難通路の幅は十分確保されている。
11、避難通路に物を置いていない。
12、転倒によって出入り口を塞ぐような場所に家具を置いていない。
13、避難口の方向や通路が明確になっている。
14、非常用進入口に障害物がない。
15、背の高いロッカーや収納庫の上に物を置いていない。
16、重いものは下に入れて、収納家具の重心を下げている。
17、棚からはみ出して収納していない。
18、発火性の高い物など、危険な収納物がない。
19、デスクの下に物を置いていない。
20、引き出し、扉は必ず閉めている。
21、ガラス窓の前に倒れやすいものを置いていない。
 
1〜10の実施は、レイアウト変更や費用が発生します。
11〜21の対策は今すぐできることです。

■家具類の耐震施工(書庫同士の連結、床や壁への固定工事)承ります。
 
■現場下見の上、お見積申し上げます。


【お問合せ】  http://www.ok-bungu.co.jp/contact/


  <店舗部>  TEL:03−3831−1469  FAX:03−3836−9164
  <営業部>  TEL:03−3832−2386  FAX:03−3832−2389

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●文具通販アスクルを、よりお徳に、お得に、お特に活用するヒントはこちら
 
 = http://www.ok-bungu.co.jp/topics/topics.php?id=88
一覧に戻る


サイトマップ   プライバシーポリシー   環境方針 page top