岡本紙文具店 ビジネス機器・オフィス用品専門商社
トピックス 企業情報 サービス リンク集 問い合わせ
企業情報
会社概要
メッセージ
アクセス


ご注文・お問い合わせ
お仕事のご相談やお見積もり等は、
こちらからお気軽にご相談ください。
ご注文に関するお問い合わせも、
こちらからお伺いしています。
お問い合わせ


メッセージ

平素は格別なお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
オフィスを取り巻く環境が刻々と進化する中で、そのお客様ニーズを満足させる情報をお届けしようと社員一同心がけてまいりましたが、このたび、WEBサイトをリニューアルし、新製品・キャンペーン等の情報をよりタイムリーにトピックス形式で発信できるようにいたしました。
弊社の目標は、ズバリ、貴社の「社外総務」としての信用を勝ち取ることです!
有形/無形のサービスを十二分に引き出してください。
たとえば、1冊の顧客提案用のファイルを購入することを考えてみます。

(1) 提案する資料の形態により(パンフレット・図面・現物・・・等)ファイル自身を選定します。メーカー毎のカタログを開くのは結構たいへんです。
(2) 購入元(一般的には総務部門)に要求伝票を発行します。(この時にも上司の承認が必要かも?)
(3) 購入元では、あれこれと各部門から上がってくる要求をまとめて発注する。(要求の中には納期の指定なども)
(4) 納品は各部署へ。(指定通りのものが、間違いなく届けられたかのチェックも必要です。)
(5) 月に1度、請求書が届くと、納品書とつけあわせて消しこみチェックをします。
(6) 支払い業務が終わったら、統計業務。
消耗品購入予算の消化率は? 残予算額は? 対昨年同月比は?

チョット考えただけでも、こんな業務が発生しています。そして、全ての業務に経費(人件費等)がかかっているのです。
弊社が「社外総務」を目指している理由は、プライス(品物の金額)以前にコスト (品物を入手するための経費まで含む)を視野に入れていただき、そのわずらわしい 業務をどこまで代行して差し上げられるか、言い換えれば、どこまでトータルコスト の削減にお役に立てるかということなのです。
キーワードは( プライス < コスト )です。
このことを念頭に、日頃のひとつひとつのお取引を大切にして参る所存ですので、 今後ともよろしくお願い申し上げます。

平成19年4月
株式会社 岡本紙文具店
代表取締役社長
岡本 光正



サイトマップ   プライバシーポリシー   環境方針 page top